What’s in a name?

私は大学を卒業してすぐに公教育の現場に出て、それ以来30年以上、高等学校を中心に英語を教えてきました。その中でも、「ライティング」指導、評価が自分自身の専門分野だと自負しています。ライティング指導を続けてきて強く感じるのは、書けるためには読めなければならない、ということ、そして、ライティングでも、読解でも、「語義」の適切・的確な理解が、それらの技能を身に付ける上でも、技能を発揮するにしても生命線だということです。

「語義の把握」の部分がしっかりしていないと、たとえ文法的な誤りが見られない表現が「書けた」と思っても、その表現は実際には読み手に大きな負担をかけることになります。これは、表面的な「添削」を施しただけで解決する問題ではありません。その「読み手にとって負担が重いはずの表現」を、書いている本人は既に読んでいるのに、自分で自分の書いた表現の「重い」部分を重いとは気付けないのです。

にもかかわらず、高校段階の英語学習の多くの局面で、生徒は「語義」にそれほどの関心を寄せることがないという印象を持っています。紙と活字の辞書であれ、電子辞書であれ、多くの高校で入学時に辞書を推薦したり、指定したりして、全員に持たせているとは思うのですが、高校生はまだまだ、辞書を充分に生かせていないようです。一方で、これは、指導する側の教師が「辞書指導のノウハウ」を知り、それを伝授する、ということだけでは解決しないことであるとも思っています。そもそも、学習者の側に、英語を学び、使い、身に付ける中で、その語句の「語義」をつかみたいという、「意味の希求」とでもいうものがなければ、教師からの指導も、辞書の情報も、それこそ「意味がない」でしょうから。

そのためにも、「大まかに語義を捉えた理解」と「定義や使用場面も含め語義を的確に把握した理解」との間に大きな差があるのだ、と気付く機会を、学習活動であれ、言語活動であれ、授業の中で提供し、語義把握の重要性を「実感」してもらうことが英語教師の役割の一つだろうと思うのです。

とはいえ、語義の輪郭線は自明のものではありません。見る角度によって輪郭線は変わるからです。比喩が本質を捉え切れないことを承知で喩えますが、円柱であれば、その真上から見れば円ですが、真横から見れば四角に見えます。語義の輪郭線を捉えた、と思っても、少し角度を変えて見れば、異なる形に見えることは多々あります。ことばの輪郭線は、運用と学習や教授とを繰り返す中で、自分に見える「像」として浮かび上がる、絵画で言えばスケッチのようなものと思った方がいいでしょう。


この2020年3月下旬に、日本のメディアにとある「カタカナ語」が頻出しました。

「オーバーシュート」* です。

私は、「その語の元になっている英語の overshoot の方には、そのような語義はないのでは?」という違和感から、英語ニュースメディアでの使用例をウェブで検索し、数多の辞書を引き比べ、辞書で得られる用例とニュースメディアでの実例とを照らし合わせ、さらには、いくつかのオンラインコーパスから、その語が名詞であれ、動詞であれ共起する語句を確かめ、といった作業を経て、自分なりの結論に達しました。

以下、呟きから転載。

これまで自分自身が学習者として「語義」を確かめようとするときに、どんなリソースに頼ってきたか、そしてそういった「確認」のための作業の成否はどうだったか、という記憶があるから、また、検定教科書の著者として、materials writerとして、語釈・語注をつけたり、教師用指導書に収録する「定義」や「用例」の採取、吟味をしてきた経験があるから、そして、高校生を中心としたライティングの評価、添削、フィードバックを通じて得られた知見など、一定の「経験知」があればこそ、一連の「調べ作業」ができたのだと思っています。

では、高校生など「学習者」が、自分の手元にある英和辞典や英英辞典を引いてみたときに、同じことができるでしょうか?また、同じだけの労力をそこに割くべきでしょうか? 多くの高校生には独力では難しいでしょうし、個々人にそこまでの労力を求めるのは不適切でしょう。

ただ、「語義の把握」の重要性に気付く機会を提供するためにも、その下調べ、下ごしらえの部分は、教師の側がしておいて、授業の中で、折りに触れ指摘する、ということは重要な意味を持つと思っています。

普段の英語学習のさまざまな段階で、丁寧に語義と向き合い、その語の「持ち味」「肌触り」「匂い」「温度」「生息域」などを実感する機会を得ることで、まずは「読んで分かる」精度が高まり、次第に自分の英語表現として身に付き、ひいてはライティングにも活かせる日が来るのだと思って、今日も「英作文眼」で英語を読み、ライティング修業に励みます。

本日のBGM: Veronica (Elvis Costello)
www.youtube.com

※3月24日現在でも、まだ、TVなど大手ニュースメディアで、「オーバーシュート」を、「爆発的感染者の増加」の意味で用いていることを憂慮しています。

the company you keep

久々に入試問題を取り上げたら、少しは反応、反響がありました。アクセス数が異様な動きでしたから。
前々回で取り上げた東大の和文英訳は、鶴見俊輔の相当初期の文章を使ってはいますが、下線部の前後をちゃんと読めば、やはりそこには「鶴見み」とでも言えるものが感じられるわけです。ネットでも公開されてきた各種業者の解答例では、それが殆ど感じられないのがもどかしいところですね。

私の英訳例も、なんか変なところで取り上げられて奇妙な解説をされていた模様。
英訳の適否を論じることも大事だけれど、これを機に肝心の鶴見俊輔の著作や文章を読んでおいて欲しいと切に願います。

私の英訳例では、 “their weakness or awkwardness” って書いていましたけどこれって、文の形に解凍したら “they are weak or awkward” とか、語義を抽出したら、 “they repeatedly show something weak in them or something awkward about them” みたいな感じになるでしょ?
で、そういった文脈に応じたawkwardの語義は本当に実感できていますかね?『ランダムハウス英和』では、awkwardにこんな語義(訳語)を示してくれています。

f:id:tmrowing:20200307105815p:plain
awkward

見方を少し変えて、たとえば、 “self-esteem” ということば。こんな定義と用例です(OALD より)。

a feeling of being happy with your own character and abilities

  • to have high/low self-esteem

ここでhigh or low でどちらなのかと言えば、それはもう、people with low self-esteem の人の言動についてのhigh過ぎる人の言動が焦点となりますね。

だから私は、原文での「われわれ」の処理を重視したのでした。
流行りの物言いなら ”one team” として、主力となったり、リーダーシップを発揮したり、organizeやinspireしたりするにも「ほど」があるだろうと。

曽田正人先生の名作、『昴』の第61話のセリフなら、「なんでできないかな〜!?」とカンパニーのみんなに言っちゃうアレですよ。
・じれったい
・かたわらいたい

先程の二つに加えて、例えばこういった資質を持つ人、言動をする人に対する不寛容さの現れ、とそのことへの戒め、諫めを踏まえて、「われわれ」「自分たち」として連なり、向こうの「世界」とどう対峙するのか?というのが、私の感じた「鶴見み」です。
・おどおど
・まごまご
・とろくさい
で、さっきの話の続きで、Moonの第7話だと、カティア・ロールのセリフ、

「なんで
そんなことが
できないの?」

のところですね。

でも、昴だってただ傲慢なわけじゃなくて傷ついてるんですよね。第8話の最後の、

あんなの
ぜんぜん
ちがうのにっ。

なんでみんな
わかんないの!

のフルひらがなのセリフなんか、もう最高ですよ、曽田先生!

で、さらに、「で」で、振り出しに戻って、東大の出題の素材文。
この「鶴見み」の源泉とも言える話しを、「議論」とか「論理」とかに矮小化している時点で百万年早いと思いますよ。
でも、そんな百万年分をも受け入れて連なることこそが、「鶴見み」ですから。

前回の大阪大学の英文和訳に関しては、せっかく「補足」としてインタビュー動画を貼り付けたのに、殆ど見てもらえていないようで、とっても残念です。当該箇所だけ書き起こしておきます。話し言葉なので、文法的な整合性が崩れているところ(疑問詞相当のwhatの名詞節の中での語順とか、終盤の what の名詞節の中で再度that を繰り返すところとか)、も散見されますが、むしろ、そういうところが、この人の頭の中にある「ことばの種」「アイデアの端緒」を知るヒントにもなろうかと思います。

https://youtu.be/wzd_-bjzrWs

There’s some theories about what is it about being outdoors that makes us feel so a lot I’ve been and when you look at the brain there’s a thing called attention restoration theory which is there’s part of the brain when we’re working on a problem that’s really really difficult, like a math problem or a mechanical problem, it really taxes our brain and we can be drained from that because we’re so laser-focused on that problem. And yet when we out in nature, we’re not focusing on solving a particular problem, but we’re out enjoying the colors, enjoying the textures, enjoying the wind and enjoying the flowers. At that point brain has an opportunity to rest and to restore and rejuvenate, so in that capacity, we feel really relaxed, and that’s part of what a neuroscientist, if they are thinking about and doing studies, ought to show that in that state we are fully relaxed and that may be part of why we feel so alive when we’re in nature.


前回取り上げた大阪大の出題文で、下線部より後ろの、 “... , which call on ...” の関係代名詞の非制限用法が”..., requiring ...” とパラレルだという解釈は慎重に扱うべきだと思っています。平行(並行)だから同じ構造や論理とは限りませんから。
呼応する動詞の形が call ですから主語は先行文脈の中から複数扱いできるものを抽出することになります。
では、単にここで列挙される「自然の光景」か?私は、ここでpatternsにorと続くところで、自分のことばのリズムと上手く合わなくて足踏みしました。ここは、enjoy observing patterns に続くor での複数要素を繰り返す、複数回のenjoyingを意味上の主語としているのだろうというのが私の解釈です。

  • そんな都合の良い意味上の主語の「抽出」が許されるのか?

という人もいようかと思います。
では、そういう方は、この “enjoy observing patterns or ...” の or をどう処理してるんだろう?と思うわけですね。そちらの処理の方が私にとっては興味関心が高かったのですが、その部分の解釈は、多くの方にとって、あまり注意は要求されなかったということなのでしょうか。
そんなことをあれこれ考えていたら、インタビュー動画を発見したということで、アップした次第。

  • enjoy observing patterns に続くor での複数要素を繰り返す、複数回のenjoyingを意味上の主語としている。

と言ったことが少しは分かってもらえるかなと。非制限用法でも、既出の名詞句を先行詞とするのではなく、「ことがら」を抽出することは多々あるというのが私の意図です。

本日のBGM: You're foolin' nobody (Roger Nichols & the small Circle of Friends)

direct feedback

2020年入試では、大阪大学の出題が話題になっています。

下線部和訳の形式ですが、大手予備校の解答でも、解釈・扱い・和文の処理で解答が別れているようです。

当該の問題文は、こちら。この切り取られた一節のうち、下線部のみを訳出することが求められています。
争点は、下線部の最後、主節に後続する “... , requiring” の処理のようです。


(B) Attention restoration theory looks at the two main types of attention that humans employ: directed and undirected attention. Directed attention requires us to focus on a specific task and block any distractions that may interfere with it. For instance, when we are working on a math problem, or engrossed in reading a literary passage or in assembling or repairing an intricate mechanical object, our brains are totally dedicated to the task at hand, requiring our direct undivided attention. After we complete the task we often feel mentally fatigued or drained. Conversely, when we are outdoors, we may enjoy observing patterns or a sunset, clouds, flowers, leaves or a beautiful meadow, which call on our undirected attention.


「見た目」だけでいうならば、このような主節に後続する所謂「現在分詞」が、先行文脈を主語として関係代名詞の非制限用法(継続用法)のような使われ方をする例は、現代の英語でも普通に目にするものです。

ちょっと回り道ですが、このあたりから確認しておきましょう。
いわゆる「分詞構文」→副詞か形容詞か?どうでもいいのか?

1. Putting down my newspaper, I walked over to the window.
※ 見て分かるように、主節の主語は “I” であるから、分詞で表された内容を関係詞節のような読みで I に掛けて、「新聞を置いた私は」と解釈するのには無理がある。非制限用法的な読みをするなら、分詞は「原因」や「理由」と取らなければ意味が整合しない。
※ 川端康成の『美しい日本の私』、大江健三郎の『あいまいな日本の私』という形容・修飾は、日本語であっても極めて例外的なもののはず。そのつもりで以下の用例を吟味すること。
(以下、2, 4, 5の用例はMichael Swan のBasic English Usage (1985年)より。
和訳&解説は松井による)
2. I sat reading some old letters. (私は座って古い手紙を読んでいた)
※ 2. では、reading の意味上の主語に当たるものは、主節の “I” と同じで問題ない。「座る」行為と、「読む」行為のオーバーラップ。

3. I saw her standing there. (私は彼女がそこに立っているのを見た)
※ 3. では、stand の意味上の主語は、her で表されている「彼女」。<彼女がstandしている>という「映像」を捉えること。「立ち上がるところ」ではなく、「立っているところ」を見たという「動画」の -ing。いつ始めて、いつ終わるかは不問。

4. Not knowing what to do, I telephoned the police.(どうしていいか分からず、私は警察に電話した)
※ 4. では、主節に先行している (否定された) knowing の意味上の主語は主節の “I” である。

5. It rained all the time(,) completely ruining our holiday.
 (ずっと雨が降って(いたために)、休日が台無しになった)
※ 5. では、 “ruin” の意味上の主語にあたるものは、 “it” ではなく、「雨が降り続いたこと」とでもなるはずであり、ruin は、その「結果」として生じることになる。「因果関係」と見なせば、「理由・原因」、時間差があるとはいえ「雨が降っている間は、期待外れの休日」となるわけなので、「同時並行」という読みも出来なくはない。
  ただ、そのどの解釈をする場合でも、雨が降ってくれなければ整合しない意味なのであるから、ruiningをitに対する形容詞的な修飾語として、独立した名詞句の限定表現を想定して、 (X) 「私たちの休日を台無しにした雨は…」と考えることには明らかに無理がある。

  このような、「語」ではなく、それまでの「内容」や「状況」を主語と見立てて引っ張っていく-ingも実例は多々ある。
  記憶に新しいものでは、

6. Most insects are able to survive with little water, making them an ideal alternative food for locations with severe water shortages. (2018年センター試験)
 「たいていの昆虫は水が殆どなくても生きられる、そのことが昆虫を深刻な水不足の地域での格好の代替食材とする。」
→『たいていの昆虫は水が殆どなくても生きられるので、深刻な水不足の地域では、格好の代替食材となる。』

という英文は、話題を集めた使用例だったのでは?


7. I would like to conclude my remarks, wishing that this Conference will have fruitful results, making for a safer world.
  会議が実り多い成果を挙げ,一層安全な世界に向かって進むことを願い,開会式に寄せる言葉といたします。
   (国連防災世界会議開会式 (2005/01/18; 阪神淡路大震災10周年に神戸で開催された) における天皇陛下のお言葉の締めくくりの一文。)
※ make for (≒contribute to) の意味上の主語は「会議」ではなく、「この会議によってもたらされることが望まれる実り多い結果」または「会議によって実りの多い結果がもたらされること」とでもいうような内容。


私の手元の入試問題データベースは、00年代までの長文素材が中心なのですが、その中から、主節に後続する ", requiring ..." が 3例見つかりました。出典がちょっと不明で申し訳ありませんが、以下にある程度の文脈で示します。

A.

Digital technology also brings potential problems. There are threats to privacy: digital systems can gather and communicate large amounts of information about people, often without their knowledge. There are environmental issues: devices can become unusable quickly, requiring huge investments of energy and materials to replace them. There are also socioeconomic issues: richer people and richer societies will always have greater access to the new technologies on which we may all one day depend.


B.

We are mesmerized by the exactness we perceive in the universe, and we seek to copy its grandness here on earth. History for us is a continuing exercise in engineering. The earth is like a giant hardware store, made up of all sorts of parts that need to be assembled together into a functioning system. Our job is never done. There are always new designs to consider and new jobs to be performed, all requiring the constant rearrangement of parts and the enlargement of processes. Progress then is “geared” toward the perfection of the machine.


C.

For young Japanese today, the keitai (mobile phone) is a universal communication device, personal organizer, contact list, timepiece, and individually decorated amulet to the harmony of connectedness, the locus of the fragile web of personal relationships with a virtual community, requiring constant maintenance. Neglected keitai don’t die, of course, but to lose one’s keitai is to virtually lose one’s identity, to cease to exist within the mediated world.


1例目の A は明らかに、主節の内容を先行文脈として受けるもので、

, which requires ...

とパラフレーズされるような例、ということはすぐ分かるかと思います。では、この場合はその「主語」として想定される、語句、または、ことがらとは?と考えると、主節の内容を受けて、「その結果として…」という和文処理ができるでしょう。

それに対して、2例目、3例目は主節中の名詞句を意味上の主語として捉えて、取り出したもののように感じます。

ただ、2例目、B. の不定詞の後置修飾がある名詞句

  • new designs to consider
  • new jobs to be performed

を意味上の主語として想定するならば、「(常に)新たなデザインを考えること」、「(常に)新たな仕事を遂行すること」のように、名詞句そのものに「ことがら」の意味が少し濃くなるので、ただ単に名詞句を「意味上の主語」と説明するだけでなく、「意味のつながり」を丁寧に説明することが必要だと思います。

3例目のC. では、

individually decorated amulet to the harmony of connectedness, the locus of the fragile web of personal relationships with a virtual community

かなり長い同格の名詞句を受けているので、つながりが一読では直ぐにわからないものだと思います。老婆心ながら、「定期的メンテナンスが必要」なのは、a virtual community ではなく、「つながっていることから生まれる心の平静」「人間関係の壊れやすい網」なのでご注意を。

これらが文法書関連で詳しく扱われているか、未だ確認はしていませんが、主節に後続する , -ing の処理は文脈、主題に合わせて丁寧に行う必要あることを示唆している例だと思います。

ここであらためて、大阪大学出題の英文の当該箇所を見てみましょう。

when we are working on a math problem, or engrossed in reading a literary passage or in assembling or repairing an intricate mechanical object, our brains are totally dedicated to the task at hand, requiring our direct undivided attention.

  • 従属節である副詞節を導く when S+V の内容 → A
  • 主節の内容→ B
  • 後続する , requiring の内容→ C

と大まかに整理すると、

A: 私たちがある数学の問題を解いている、または夢中になって文学作品を読んだり、複雑な機械仕掛けの組立や修理をしたりしている

B: 私たちの脳は完全に目の前の作業だけに専念している

C: そのことは私たちの直接的で一つに集中した注意を要求する

という展開・構成になっている、というのが私の解釈です。

争点となっていると思われる requireの扱いですが、パラフレーズするとしたら、

  • call for = demand
  • deserve
  • involve = entail

辺りになるだろうと思います。

require は当然のことながら他動詞なので、「その主語にあたるものが、誰・何に、何をどこに向けることを要求するのか」をそれこそ整理する必要があります。

もし、requiring 以下を、関係副詞の非制限用法でパラフレーズするとしたら、

  • , where we have to focus or unite our attention to the task at hand

のように、"Require who to direct what to what?" が表面にあらわれてきます。
これに対して、原文のように、分詞構文を使った場合には、その部分が表に出てこないため、特に「注意の向けられる先がどこなのか?」を読み手が求めるのは自然なことであり、 "the task at hand" を意味上の主語として捉える解釈が生まれる余地があるのだろうと思います。その読みをする場合には、恐らく、 require の部分は deserve のような意味で解釈しているのだろうと思います。

For instance, 以降の試(私)訳

例えば、私たちがある数学の問題を解いている、または夢中になってひとつの文学作品を読んだり、複雑な機械仕掛けの組立や修理を仕上げようとしたりしているときには、私たちの脳力は完全に目の前の作業だけに注がれることになり、そのことで分断、分散することのない注意が要求される

以上、私に誤読・誤解があるようでしたらご教示願います。

ちなみに、この出題の原文では、パラグラフの終わりの切りのいいところまでに、もう少し文が続いています。

Using our senses to touch, see or smell in natural settings doesn’t require a task-specific, problem-solving approach. Instead we can enjoy our experience in nature and be rejuvenated by taking in the sights and sounds at a relaxed pace. Undirected attention is easy to summon and maintain and leads to reduced stress and anxiety.

Edwards, Andrés R. 2019. Renewal (pp.42-43). New Society Publishers. Kindle 版.
ここまで読めると、ヒントが増えるように思います。


本日のBGM: Attention Stockholm (Virna Lindt)

※2020年3月2日 6:32 追記
大阪大学の出題ではカットされた段落の残りを貼り付けていましたが、
“a task-specific, problem-solving approach” の部分を読めば、解釈が分かれるのも宜なるかな、と思います。the task at hand を意味上の主語と解釈する読みは前者を採っているのでしょうし、私のように「ことがら」を抽出する読みは後者を採っているのでしょう。

一点補足すると、出題の下線部での ”direct“ に私は「分断しない」という訳語を当てていますが、これは、

  • immediate 「間に邪魔をするものの介入を許さない」

という、”block any distractions that may interfere with it“ の意味を集約させたものです。

今回のエントリーにコメントもいただきましたが、コメント欄では議論しませんので、こちらに拾える内容は、この追記のように拾うか、エントリーを新たにして書くかしたいと思います。
取り上げる取り上げないは完全に私の判断です。私のブログですから。

下線部より後ろの、 “... , which call on ...” の関係代名詞の非制限用法が”..., requiring ...” とパラレルだという解釈は慎重に扱うべきだと思っています。平行だから同じ構造や論理とは限りませんから。

もともとの作者の癖、言葉の選び方も考えたいとは思っています。
”, requiring...” と”, which call on ...” をパラレルに見るのはいいのですが、目的語が人ではなく不定詞を伴わない時点で、call on =employ という読みをするのが「自然」だと思いますが、or が気になるんですよね。

関係詞に続く動詞の形がcall ですから主語は先行文脈の中から複数扱いできるものを抽出することになります。では、単にここで列挙される「自然の光景」か?私は、ここでpatternsにorと続くところで、自分のことばのリズムと上手く合わなくて足踏みしました。

ここは、enjoy observing patterns に続くor での複数要素を繰り返す、複数回のenjoyingを意味上の主語としているのだろうというのが私の解釈です。下線部の処理以上に、「みんな、この ”enjoy observing patterns or ...” の or をどう処理してるんだろう?」という方が私にとっては興味関心が高かったのですが、その部分の解釈には、あまり注意は要求されなかったということなのでしょうか。

そんなことを思いながらブログをアップした後で、こんなものを見つけました。
25分過ぎくらいからが当該箇所ですが、呼吸やリズムを合わせるにはその少し前くらいから聞いた方がいいかもしれません。

Renewal Through Nature with Andres R. Edwards

youtu.be

先程「enjoy observing patterns に続くor での複数要素を繰り返す、複数回のenjoyingを意味上の主語としている」と言ったことが少しは分かってもらえるかなと。

非制限用法でも、既出の名詞句を先行詞とするのではなく、「ことがら」を抽出することは多々あるというのが私の意図です。

もっとも、後出しジャンケンで何を言おうと、試験場で当該英文を処理するのとは話が違いますね。
今回は、皆さんが「何をどのように読んだのか」というところから多くを学ばせていただいております。ありがとうございます。

大学入試「和文英訳」雑感

直前の受験生対象「英文ライティング」セミナーでは、京都大、大阪大、奈良女子大に代表される「和文英訳」は扱わなかったのですが、今春の前期試験で出題された「和文英訳」を見て、いろいろと思うところがあったので、二題だけ取り上げておきます。


東京大学 2020年
英語 2B

文章中の下線部のみを和文英訳する形式。
出典は、鶴見俊輔 『アメリカ哲学』ということなのですが、版も何も記されてはいません。
おそらく、もともとは英語で書かれていたものを後に日本語で再構築したものなのではないか、という印象はあります。
因みに、講談社学術文庫の増補版は1986年。私が教員一年目の時。

以下、出題の「和文」。この下線部を英訳せよ、というお題です。

生きてゆくにはまず、若干の自信を持たねばならぬ。
しかし自信ばかりで押し切っては、やがていつかは他人を害する立場に立つ。自分たちは、いつも自分たちの信念がある程度までまゆつばものだということを悟り、かくて初めて寛容の態度を養うことができる。
自信と疑問、独断主義と懐疑主義との二刀流によって、われわれは世界と渡り合うことにしたい。

英訳例

Self-confidence, if carried too far, can and will cause offense to your fellows. Instead of criticizing their weakness or awkwardness, keep a skeptical view even on what you believe is right. You will, then, learn to accept your own flaws as well as theirs’.

※下線部の前後がキーワード処理のヒントになりますね。「他人」とは書かれていますが、その「他人」も「自分たち」「われわれ」として連なる存在として認識され、「世界」と対峙する、という論の展開なのだろうというのが私の解釈です。

下線部以外だと、鶴見ならではの、ひらがな表記の「われわれ」までを射程に入れてどう英語で処理するか?というのは結構悩ましいのですが、受験では下線部のみの解答を求められているので、解答例としてはまあ、許容範囲かなと。



京都大学・2020年
第3問 和文英訳形式

出典は特に示されていません。お分かりの方がいましたらご教示願います。

この素材文では、全く主語は表されていないのですが、一人称での「軽妙文」とでも言えばいいのでしょう。ただ、英文だけを読んで「つながり」と「まとまり」が分かるためには、「主題」にあたるものを想定して補う必要があると感じるのですが、「大学入試の和文英訳」はそこがブラックボックスで鬼門、下手をするとこちらが鬼籍に、ということになりかねませんので、やはり悩ましいですね。

以下、お題の「和文」です。

 お金のなかった学生時代にはやっとの思いで手に入れたレコードをすり切れるまで聴いたものだ。歌のタイトルや歌詞も全部憶えていた。それが今ではネットで買ったきり一度も聴いていないCDやダウンロード作品が山積みになっている。持っているのに気付かず、同じ作品をまた買ってしまうことさえある。モノがないからこそ大切にするというのはまさにその通りだと痛感せずにいられない。

英訳例 
※太字の部分は、「つながり&まとまり」を整備するために敢えて補っている部分です。

I have been a big fan of music. I was such a struggling student that I bought a single or an album with what little money I had saved and would listen to them repeatedly until they were worn out. That made me remember the title of each song and every single word in them.
Now I earn enough myself to buy a lot of pieces of music on the Internet. But I have never listened to many of them afterward, only piling up CDs or storing downloaded tunes. Sometimes I do not even realize I already have one until I buy the same title and bring it home.
I still love music a lot, but my love for what I have seems to have changed. I have learned this lesson the hard way---if you have less, you would appreciate it more.

以上、和文英訳二題雑感でした。

本日のBGM: さよならアメリカ(くるり)〜 さよならアメリカさよならニッポン(はっぴいえんど)

“Life can be hard enough”

受験生対象の直前「ライティング」セミナー、大阪での指導者対象「文字指導/handwriting指導法」セミナーも終了しました。

時節柄、様々な懸念を感じながらの参加だったかと思います。本当にお疲れ様でした。
昨日25日、そして本日26日が国公立大学の前期試験。
実力を発揮できていることを願っています。

今さら何を、と言われるかもしれませんが、今回の直前セミナーを開いてみて、大手模試で「高偏差値」と目される高校生、受験生でも、英語らしいつながりとまとまりのあるパラグラフを書けないケースが多いということ、そして、そういうケースでも適切なガイダンスとフィードバックがあれば「過去問」の演習だけでも、ライティング力として生きてくるということを受講生の素晴らしい取り組みで実感しました。

受験生対象講座の受講者からの感想を、了解を得てこちらに載せておきます。

このセミナーを受講した理由は、身の回りにライティングを見ていただける先生がいないことと、エッセイの論の進め方が分からないことでした。」松井先生は「ナラティブ」というテクストタイプから始まり、比較、定義、対比などの英語表現を、受験生の陥りやすい点に言及しながら、提示されました。これは単調で説得力がない文を続けがちな私への処方箋となったと思います。英作文は、文法について習う機会が多かったのですが、ここまで英語ライティングの論理を丁寧に教わる機会が無かったので、今日の授業は新鮮でした。まずは、復習に励んで今日習った表現を吸収しきります。

先日はありがとうございました。有してはいる知識 (パラフレーズや具体・抽象など) の読解以外での新たな使い方を教えていただき、正直なところ目から鱗でした。 私が現在通う予備校では (大手かつ首都圏で教育機会は充実しているはずですが、それでも) 自由英作文単体の講座というのは大変少なく、そうした講座でさえも 講師1人:生徒100人超 という場合が多く添削システムには限界があります。また直前期である今は講師の出講日は不定期であり、添削が必要でも十分には頼みきれないという現実があります。
 そんな中、志望大をセンター後に変更し急遽自由英作文対策が必要となった私の目に飛び込んできたのが今回の講座でした。いざ行ってみると解説で脳内がスッキリと整理されて、その後受けた添削では大学の出題意図までが見通せるようでした。また、オンライン添削が付くのも非常にありがたかったです。C講座もD講座も私大入試と重ならなければ参加したかったです。残り日数は少ないですが、努力のベクトルは示唆して頂いたのでやれる事をやり、「砂漠の中のオアシス」を目指したいと思います。お世話になりました!

今回私はA講座B講座の2つの講座を受講しました。A講座ではガイダンスとの事でしたが、松井先生の仰る事1つ1つが新しく知ることで自分のライティングにおいての未熟さを痛感しました。学校や予備校では習うことのないだろうものを知ることができ、1回の受講でも今後の英語を学ぶ姿勢や方法に生かせるなと感じました。私の勝手な解釈ではありますが、長文から英語を学ぶ、生きた英語から英語を学ぶということを伝えたいのかなと感じました。B講座では受講者の数があまり多くないということもあってか、志望大学に特化して添削をして頂きました。論理のつながりはエッセイライティングの基礎ではありますが多くの人が出来ていないポイントで松井先生はそこに重点を置いて教えて下さりました。受験まで残り僅かではありますがこの2回の講座を通して学んだことを生かしていけらなと思います。また受験に限らずこれからの英語の学習においても生かしていきたいです。

今まで感覚的だった、英語らしい話の組み立て方、自然な繋がり方を論理的に理解することが出来ました。また、準1級の模範解答の添削を通して読み手の感覚を、自分の書いたものの添削を通してイイタイコトにしっかりとした輪郭をもたせる書き手の意識を教えていただきました。ありがとうございました。

講座は短時間で終わってしまいましたがとくに内容・論理展開の面では一年分の勉強に勝るくらい(私が不勉強なのもありますが)鍛えられたと思います。私の語法・表現のレベルは、おそらく先生に見ていただくレベルにまだ達していなかったと思いますが、既習事項との関連という観点から多くのものを学ばせていただき、自分の勉強の質を高める必要性を改めて痛感いたしました。


D講座は、本当に直前の受験生対象セミナーとなりましたが、東京外国語大学と東京大学の「ライティング」に関しては、本当に有益なセミナーだったのではないかと自負しています。

今回の受講者の方は、皆twitterでのつながりから申し込んでくれた方たちでした。どなたとは言えませんが、大手予備校の講師の方から直接受講を勧められたという方もいらっしゃいました。この場を借りて御礼申し上げます。

一橋とお茶大の「ライティング」も見てみたかったのだけれど、「ニーズ」がないことには始まりませんね。短期間で少人数だったけど、あらためて受験生の頑張りと、自分の「経験知」の高さを感じました。本当に、よくその場で「言いたかったけど言えなかったこと」を的確に汲み出せるな、と自画自賛。

オンラインでやりとりしている他の国立大志望の受験生の「ドラフト」を見て感じるのは、やはり「語義」をしっかり捉えているか、ということ。主題から外れずに論を展開するにも、キーワードの「語義」、その語義の「グループリーダー」となる語を、そこで「バシッ」と出せるか、というのが大きいなと。

ある受講生のコメントにあった「砂漠の中のオアシス」というのは、私がセミナーで説いた心構えです。凡庸で紋切り型のテンプレートに当てはめただけの「エイブン」答案が何百枚も続く「砂漠」の中で、採点官が出会う「オアシス」のような、つながりとまとまりの満たされた「英文」を目指しなさい、ということです。

東大志望の某受講生とは、「この語は、守備範囲に入っている?入ってる。じゃあ、この次の展開では…」とか、「それは、今の私にはちょっと出てきませんね」という反応に対して「では、これだったら?」というやりとりができて楽しかったです。

別の受講生の方は直前のC講座とD講座だけでしたが、上述のコメントとは裏腹に、既に堅実な合格圏の答案を作れるベースのある方でした。そこからの「飛躍」「群を抜く」というところを目指すべくフィードバック、助言をさせてもらいました。

首都圏在住ではない方に、オンラインで過去問添削指導もしていましたが、国公立大志望の方の親御さんから、こんな感想をいただきました。

(子供も) こんな英文添削は初めてで、丁寧で分かりやすいと感動しています。やる気スイッチも入った様子。ありがとうございます。

オンライン指導をしてきた別の受験生の親御さん&本人からはこんなコメントをいただいています。

娘の英作文の添削をお願いしたのはセンター試験終了後。筆記とリスニングでそれぞれ9割はとれたものの他教科がふるわず、ワラにもすがる気持ちで松井先生にお願いしました。ご多用にもかかわらず、快く引き受けてくださった先生には感謝の気持ちでいっぱいです。志望校の二次の英語は難易度が高く英作文の配点が高いので、ライティングの専門家である松井先生のご指導を是非にと思う親の願いを汲んでくださいました。

使用語彙・コロケーション・内容・英文構成にとどまらず、作問者の意図を読み解答者としての娘の思いを活かしたアドバイスをしていただいています。細かく書き込みをしていただいており、内容はどれも痒いところに手が届くものばかりです。最初のアドバイスをいただき二度目のライティングをしたときに、書きながら松井先生からの言葉が浮かびスラスラと書けたと言っておりました。

娘には、ライティングのエッセンスとヒントがたくさん書かれてある松井先生のブログを読むことも薦めました。彼女がやる気になる言葉もアドバイスの中に散りばめてくださり、以前より二次に向け前向きに取り組んでいます。自信を持ち二次に向かい良い結果を掴み取ることを願い、松井先生のご指導のもと頑張らせたいと思っています。

松井先生に添削して頂いて、英作文を書くときにする自分の癖がよく分かりました。文も前後がきちんと繋がるように展開を今まで以上に考えるようになりました。1つの単語にもどの単語と組み合わせたらより良いのかなど教えて頂き本当にためになりました。対面式でのやり取りではなかったので最初は上手くできるか心配でしたが、添削して頂いて良かったと思います。ありがとうございます。二次本番に向け最後まで努力しますのでご指導よろしくお願いします。


お読みいただけば分かると思いますが、こちらの親御さんは英語のことが本当によく分かっていらっしゃる方です。オンラインのみで制約は多いのですが、私もできる限りの支援をさせていただきました。

対面&オンラインとも、直前の短い間の指導しかできませんでしたがで、こちらこそお礼を言いたい気持ちです。ありがとうございました。

ということで、以前の呟きの繰り返し。

通常の読解の授業であっても、その重点の半分、ことによると半分以上が「語義」なので、やはり辞書は欠かせません。なんとなくで済ませていると肝心なところで「端折って」いることに気づかない。そして「読み」では端折れることがあっても、「書き」では無理。

  • 今こそもっと「ライティング」を!

ということですね。

大阪セミナーの前夜、兵庫の加藤京子先生が「セミナーで使って」と言ってマスクを一箱持って会いにきてくれて、久々にその慈愛に包まれました。
加藤先生に学ぶチャンスを得たY先生と三人で会食。お店の方に「そろそろ閉店で…」と言われて気がつけば5時間以上経っていてびっくり。
ライティングに関して、英語教育に関して、そして教育に関して、大変な思いをすることは多いのですが、本当にこの人を目指して、この人に学んできて良かったと、そして、その私が体験できた学びを、自分よりも下の世代につなぐことができて良かったなと実感できたのが何よりの収穫でした。多謝深謝。

本日のBGM:(I’m) A Believer / The Lilac Time

受験生対象「英文ライティング」セミナーのお知らせ

喫緊の大学入試の受験生を対象とした

英文ライティング&いわゆる「自由英作文」

のセミナーを緊急開催します。

これまでに、過去問を解いて添削してもらい、その英文を暗記して乗り切ってきた受験生には「英文ライティング」の原理原則を学んでもらい、既に塾や予備校で「(自由)英作文」の講座を取ってきた人には「セカンドオピニオン」の場を与え、そして既にかなり「英語が得意だ」という人には、「群を抜くための着眼点」に気付いてもらうことを主眼としています。

過去問は使用しますが、解答が「エイブン」ではなく「英文」になっていることを目指す講座ですので、お茶の水女子大のような「和文→英文」要約問題には対応しますが、京大・阪大などの和文英訳は扱いません。

東大で頻出だった「創作」、一橋大に頻出だった「描写」や「語り文」、早大で頻出だった「グラフ説明」なども扱います。講座の趣旨を理解した上で受講して下さるようお願いします。

現高校2学年(相当学年)以下に在籍の方の受講はお断りします。
日時・講座内容をくれぐれもお間違えのないよう、よろしくご検討下さい。

A. 2月9日(日) 「英文ライティング」のガイダンスとテクストタイプごとの入試問題類型を使ったセミナー(定員15名; 受講料5000円)※このガイダンスセミナーはB〜D講座の希望者も受講をお願いしています。
場所:東京駅八重洲口徒歩数分の貸し会議室(受講決定者に詳細を連絡します)
時間:13:00〜17:00 (受付開始は12:30)
passmarket.yahoo.co.jp

B. 2月11日(火/祝) 主として私大過去問演習と添削・リバイズを踏まえた講評のセミナー (定員8名;受講料8000円)
場所:東京駅八重洲口徒歩数分の貸し会議室(受講決定者に詳細を連絡します)
時間:12:00〜17:00(受付開始は11:30)
passmarket.yahoo.co.jp


C. 2月19日(水) 国公立大(東大・一橋・外語・お茶大等)過去問を使ったガイダンス(定員8名;受講料5000円)
場所:東京駅八重洲口徒歩数分の貸し会議室(受講決定者に詳細を連絡します)
時間:12:00〜14:30 (受付開始は11:30)
passmarket.yahoo.co.jp


D. 2月20日(木) 国公立大英文ライティングの過去問演習を踏まえた個別指導(定員6名;受講料1万2千円)
場所:東京駅八重洲口徒歩数分の貸し会議室(受講決定者に詳細を連絡します)
時間:11:00〜17:00 の範囲で応相談(受付開始は10:30)

B. C. D. はそれぞれ別途募集をしますが、どの講座を希望する場合にも、可能であれば、A. の2月9日のガイダンスを受講して下さるようお願いしています。また、高校生/未成年者の受講申し込みに際しては保護者の了承が必要ですので、申し込み時に必ず保護者の方との連絡方法の入力を忘れずにお願いします。保護者の方が代わりに申し込みをする場合でも、必ず受講者本人が受講を希望していることをご確認下さるようお願いします。

問い合わせは全てメールで、tmrowing英語研究会事務局・松井孝志まで、
tmrowing.ELTあっとまーくgmail.com
へお願いします。

『ストーリーの先へ』

前回の更新から少し時間が空きました。
怒濤の2019年を生き延び、2020年を迎えています。
そして、また一つ歳をとりました。
現在出講している塾は、社長から「この3月をもって契約の更新をしない」旨を昨年12月14日に口頭で伝えられましたので、年末の「文科省前スピーチ」でも口にしたように「絶賛就活中」ではあります。

指導者向けの各種セミナーは
・「英文ライティング」指導法 
・「四角化」
・「文字指導/handwriting指導法」
・「英作文眼」で英文を読む
と、概ね好調ですが、高校生、大学受験生対象となると、いろいろとクリアーしなければならない要件もありますので、近日中に詳細を告知します。

本日は、現時点で決まっている指導者向けセミナー (有料) をお知らせします。

2月24日(月・振休)「英語の文字指導/handwriting指導法セミナー」大阪会場(定員24名)
passmarket.yahoo.co.jp

東京以外での開催の要望が多かった「文字指導/handwriting指導法」のセミナーを大阪で開催します。
内容は、東京会場での12月/1月の回と「ほぼ」同じものとなりますので、東京会場を受講された方はご遠慮下さい。
小学校、中学校段階の英語指導者だけでなく、自治体の教委、大学の教科教育法担当の方の受講も歓迎します。文科省で小学校英語を推進している方も、是非お越し下さい。
また、1月の回を受講していただいた大名力先生からは、「教員免許更新講習でこういうものがあったらいいのに」という評価(?)をいただいておりますので、そういった講座を検討する立場の方の受講もお待ちしております。


年末の講座に関する、受講者の感想などは、こちらにまとめていただいておりますので、ご参考まで。

筆記用具と文字指導の大切さ:松井孝志先生による「英語の文字指導/handwriting指導法セミナー」 「英文ライティング指導法セミナー」 参加報告と次回告知(2019.12.31作成)
筆記用具と文字指導の大切さ:松井孝志先生による「英語の文字指導/handwriting指導法セミナー」 「英文ライティング指導法セミナー」 参加報告と次回告知(2019.12.31作成) - Togetter

今回の大阪会場は定員は24名で申し込みは先着順になります。新大阪駅から徒歩10分以内で行ける範囲にある貸し会議室を会場としています。
今回は関東から関西への遠征で、筆記用具、ワークシート、冊子資料等の準備の都合もありますので、受講申し込みの受付が確定したのちのキャンセルはお断りしております。開催場所、スケジュール、内容等をご確認の上ご検討願います。申し込みに当たっては、「パスマーケット」の決済システムを使っておりますので、Yahoo IDの登録が必要になります。

そうそう、1月15日には文科省での、新しい「検討会議」を傍聴してきました。
一番注目していた、新メンバーのお一人、上智大学の渡部良典先生は欠席。
「日本言語テスト学会」からの提言が今日まで省みられることなく、「なし崩し改革」が進み、頓挫し、大混乱を招いている元凶を追求してくれるのでは、という期待は儚く消えたのでした。

今日は、「共通テスト」関連で、文科相から重大発表があるとか。
大手メディアの中にも、志のある人は残っている筈ですので、談話の垂れ流しではない「取材」「報道」をお願いします。

本日のBGM: Breaking Down Blues (Glim Spanky)

赤いマフラー巻いて

2019年12月20日(金)に行われた「文科省前抗議」に参加して、スピーチをしてきました。
させていただいた、という方が適切でしょう。主催の田中真美さんには、10分と言われていたのに終わってみれば15分話していましたから。今回はご厚意に甘えさせていただきました。本当にありがとうございます。

文科省前の「抗議行動」で、クリスマスも近いということもあり、普段の私が最も好んで着る「赤」を着てくることを期待されていた(?)方には、申し訳ありませんでしたが、マフラーのみ赤で参加しました。
12月20日は、母の命日。
思い返せば、初任校で2学期の成績会議前日、成績処理に追われていた時に、兄からの訃報で急遽帰省しました。その、訃報を受けた時に着ていたのが、マックジョージの真っ赤なシェトランドのカーディガンでした。それ以来、12月20日には赤い服を避けることが多いのです。
とはいえ、「怒り」も表さねば、ということで、009でも、ライダーでも、ヤマトでもありませんが、マフラーのみ赤、ということで。

その私のスピーチも含む、抗議行動の動画がYouTubeにアップされています。

萩生田文科相 大学入試改革を白紙に!専門家が公開で議論を!#1220文科省前抗議
www.youtube.com

※YouTubeで開いて、タイムスタンプを確認していただければ、私のスピーチだけを視ることも可能です。

その私のスピーチの最後に共通テストの「試行調査」の問題に触れました。
「リスニング」の試験での、一回読みと二回読みとの混在問題です。

あくまでも「試行調査」の段階ですから、世論の後押し以上に、専門知による軌道修正が、「よりマシ」な試験の実施につながると思っています。

  • 作問チームも「専門家」であるはずなのに、なぜ、そんなことをここにきて言うのか?

と思う人もいるかもしれません。でも、この「共通テスト」の「試行調査」はもろもろの制約に取り囲まれ、雁字搦めの中行われたといってもよいくらい、課題の多いものだったと私は捉えています。

今のところ、前半は短文と短い対話、後半でやや長い話しやレクチャー、長い対話となるようです。

私の疑義、危惧は、既に「スピーチ」の中で述べています。

ここでは私が「試行調査」のリスニングに言及した部分は繰り返さず、その背景を少し述べておきたいと思います。

試行調査の英語の設問を見るだけではわからないのが、試験全体の枠組みからくる時間の問題です。ひょっとすると、試行調査でも、40分とか50分とか、設問を増やした分どの問題を一回読むか、二回読むか、どういう内容・構成・形式が適切か確認する、という発想があったのかもしれません。

しかし、「国語の記述式が入る」という大前提があり、「プラス20分」分、確実に試験全体の時間が長くなるとすれば、英語のリスニングの時間を延ばす余地は、限りなく小さいものだっただろうと「邪推」します。

ところが、今回、あまりにも遅かったけれども、「記述式の見送り」がなされました。
それに先立って、11月1日には「民間試験導入延期」も発表されています。
今回の「試行調査」の目的である「共通テスト」設計の前提となるものが、二つなくなったわけですから、英語の試験問題の内容、構成、時間配分も振り出しからやり直し、仕切り直しするのが当然でしょう。

「試験時間」ということでは、リスニングの発話速度を変えることでも、読み上げの所要時間は調整可能ですから、どのように話すのか?というのも、リスニング試験を評価する際に考える必要があります。

ただ、その吹き込み者の属性で、

・人か音声合成エンジンか
・英語ネイティブか否か
・英語ネイティブなら英米加豪NZ南ア等のどこ出身か
・老若男女

等に応じた正答率や誤答分布など、試行調査や、そのさらに予備段階のパイロットテストで何らかのデータをとって、吹き込み者を決めたり、速度を調整したりしているのでしょうか?

対話(複数話者)にしろ、モノローグ(単独話者)にしろ、「テクスト」とその「音声化」(裏返せば、「音声」とその「スクリプト」)を分析、比較検討しなければ、1回読みで対応可能な難易度の調整ができているのか?2回読みによって、理解を補正する余地を残すのか、ということに適切、的確な判断はできないでしょう。

「つながり」や「まとまり」というのは、何も「読解」や「ライティング」だけで必要な資質、要因ではありません。

対話であっても、単一話者の「繰り返し」や「言い換え・言い直し」、さらには「撤回」や、ターンテイキングにおける情報の「のり代」「踊り場」、言い換え修正の要求、要約やその確認など、単純に「冗長性」と括れない、「話し言葉」に多く見られる様々な要因が、「つながり」「まとまり」を整備し、または「整備し損ね」た結果、「テクスト」の難易度が規定されます。

私がこの段階でも、「専門知」の結集、反映を求めるのは、「テスト」を見て(聞いて、解いて)みて、私にもわからないこと、首をかしげることが多いからです。

「専門家」からの考察としては、大東文化大学の靜哲人先生のブログで、私のスピーチの「一回読み or 二回読み?」に関連した記事が公開されています。是非お読み下さい。

Kyle's Kingdom
リスニングテストで音源を1回流すか、2回流すか、に関する考察
リスニングテストの音源再生回数の影響とは


cherryshusband.blogspot.com

こういった「専門知」も踏まえた上で、

  • 「どのような試験内容、構成、読み上げ回数、時間配分と配点がより適切なのか」

を練るための「試行調査」を行い、その分析に基づき、少なくとも、

  • 「これがどの観点からも、デメリット、マイナスが一番少ない妥協点ですよ」

という「予告品としてのテスト」を示してから、実際の「新テスト」の実施につなげて欲しいと切に願います。

より良い英語で、より良い授業
より良いテストで、より良い教育

よろしくお願いします。

本日のBGM: 冬のバラ (かしぶち哲郎)

長い間待っていた彼女の扉の外

激動の2019年も残すところ2週間ちょっと。まだ我が家の屋根はブルーシートが掛かったままです。

働き方改革とは全く無関係に、塾の方は9月からは時間講師の契約に変更し、それとは別に、指導者向けのセミナーなどを単発で開いてきました。

「ライティング指導法」のセミナーの第1回を10月末と11月上旬とに開催し、おかげさまでどちらも満員御礼でした。ありがとうございます。

また、「名詞は四角化で視覚化」関連のセミナーを急遽、今月の上旬に開催しました。
巷にあふれる、名詞句の雑な扱いに辟易しているので、少しでも「真っ当な」取り組みが広まることを願っています。まずは「把握」「認識」のレベルの適切さをお願いします。

ただ、「四角化ドリル」を自分で作っておいてこう言うのもおかしいですが、名詞句の限定表現に関して、これだけまとまった教材・学習材の内容とその背景を一気にお話するのは初めてのことで、盛りだくさんになり、時間配分が上手くいかなかったことをお詫びします。
同内容の講座を12月22日に開きますので、そちらでは改善する所存です。

12月22日(日)英語の名詞句を教えるならこのくらいのことを考えておいてはどうか?「名詞は四角化で視覚化」※追加講座 - パスマーケット

今回は、「旧版の蔵出し」でしたが、現在進めている「四角化ドリル」の改訂版が完成した暁には、出版も含め、次の展開を考えています。お披露目のセミナーなどもできれば尚佳し。

年末には、先日告知した
「ライティング」系セミナーの第2回で「フィードバック」に焦点を当てたワークショップ色の濃いものを12月27日に、

12月27日(金)「英文ライティング指導法セミナー」第2回適切な「フィードバック」のあり方、方法を考える(定員30名) - パスマーケット

「文字指導/ handwriting指導法」に関わるワークショップを28日に開催します。

12月28日(土)「英語の文字指導/handwriting指導法セミナー」第1回(定員30名;チケット事前購入) - パスマーケット

どちらも既に募集は締め切っていますが、この二つと同内容の講座をそれぞれ、

「ライティング/フィードバック」を2020年1月12日に

passmarket.yahoo.co.jp

「文字指導/handwriting」 を2020年1月13日に

passmarket.yahoo.co.jp

開講します。

こちらの2講座は、ともに受講者絶賛募集中ですので、ご検討よろしくお願いします。

これとは別に、2020年1月26日の午後にも、セミナーを準備していますが、詳細は来週中くらいにはSNS等でお知らせできるかと。

続いて、販促です。
教材・学習材の「有料記事」をnoteにて公開しました。
こちらから覗いて見て、よろしければご購入下さい。今後、拙ブログ記事の蔵出しに加工した記事なども考えております。リクエストなども受け付けておりますので、メール等でお寄せ下さい。

note.com

年明けの1月以降、私大入試や国公立大入試の「ライティング」問題への対応など、プライベート、個別での「英語」の指導も検討しています。来春の大学入試に間に合わせたい、という受験生、その保護者の方がいましたら、お早めにメール等でご相談下さい。

宛先は、プロフィール欄にあるアドレスか、

  • tmrowing.ELTあっとまーくgmail.com (「あっとまーく」の部分は記号に変換して下さい)

まで。

本日のBGM: 彼女 (佐野元春)
youtu.be

a new leaf or two or three

前回のエントリーに加藤京子先生からコメントをいただき、涙腺が崩壊しそうでした。
自宅の被害は、大雨の湿気でベコベコになった床材を剥がして張り替えたり、雨どいが3面だけ修理できたり、屋根はまだブルーシートが掛かったままだったりと、いろいろありますが、まあ、生きていますので、告知を。

12月に下記のセミナー/ワークショップを予定しています。
既に「満員御礼」のものもあります。講座内容、日時等、ご注意下さい。

-1. まずは、「名詞句」「四角化」関連。
2019年12月8日(日)開催。※満員御礼

英語の名詞句を教えるならこのくらいのことを考えておいてはどうか?「名詞は四角化で視覚化」の舞台裏
英語の名詞句の理解定着を図る「四角化ドリル」の改訂に当たって、旧版のリストを蔵出しし、記号付け等、開発者自らが解説します。
英語の名詞句の理解と定着は、英文法の全体像を理解するためにも重要です。
学習者も指導者も、とかく「問題演習」と称して、「英文」の空所補充や並べ替えで「ひとつの文」を完成させることに躍起になりがちですが、その前段階の「名詞句」に着目し、段階的なドリルを積みあげる教材として「四角化ドリル」があります。そのドリルの開発者自らが、開発の意図・ねらい、ドリル作成での表現の取捨選択の背景、四角化の記号付けの手順などをお話しし、「名詞は四角化で視覚化」がどのように、実際の英語の知識とスキルの養成に繋がるのかを考えたいと思います。

こんな方にオススメ:
・中学生、高校生、大学受験生の指導で、文法の「問題演習」の効果に疑問をお持ちの方。
・テスト対策だけでなく、ライティング力や英語力を向上させる指導法を知りたい方

passmarket.yahoo.co.jp


-2. 次に年末の、「ライティング指導法セミナー (第2回)」
12月27日(金)開催

適切な「フィードバック」のあり方、方法を考える(定員30名)
第1回セミナーの内容を発展させた第2回のセミナーです。今回は「フィードバック」に焦点を当てますので、第1回セミナーよりも、ワークショップ的な要素が強くなると思われます。実際に、受講者ご自身が英文を書いたり、フィードバックを与えて、それを他の受講者とシェアすたりする機会が、ままあると思われますので、そのような活動・機会を厭わない方に受講いただければと思います。
主として高校生や大学受験生の指導者を対象とした、適切で効果的な「英文ライティング」の指導法を学びます。


passmarket.yahoo.co.jp


-3. そして、「文字指導/handwriting指導法ワークショップ」
12月28日(土)開催※満員御礼

小学校・中学校の英語指導者も含め、英語の文字指導/handwriting指導法を学びたい方に最適。
講座内容:小学校の英語教科化や新学習指導要領で、「文字指導」のニーズは小学校段階に移ってくる、などと言われますが、そもそも「中学校」段階で、きちんとした文字指導、handwritingの指導はどのくらい行われてきたでしょうか?また、高等学校段階で、文字を書くことにどの程度配慮がなされているでしょうか?
この講座は、実際に「手で書くこと」= handwriting の指導法をきちんと扱い、その指導体系を考えるワークショップです。
欧文書体のhandwritingの指導体系を持つ、英国などのカリキュラム、シラバス、教材を踏まえ、日本の学習者にとって、より適切な「文字指導/handwritingの指導法」を共有します。



passmarket.yahoo.co.jp


このうち、2と3の講座に関しては、年が明けた2020年の1月に同内容の講座を開講する予定です。

2. の「ライティング指導法・第2回(フィードバック関連)」の同内容  2020年1月12日(日)
3. の「文字指導/handwriting指導法」の同内容 2020年1月13日(月・成人の日/祝)

申し込み方法など、詳しくは追ってこのブログや、twitterでお知らせしますので、チェックしておいて下さいますよう、よろしくお願いします。

ということで告知でした。
教員や指導者対象だけではなく、高校生や受験生対象の講座も考えているのですが、noteでの教材として販売するのが先になるでしょうか。
こちらがnoteのマイページです。

https://note.mu/tmrowing

今はまだ、何もありませんが、こちらも、教材ができましたらあらためてお知らせします。

本日のBGM: Turn! Turn! Turn! (綿内克幸)