「始まってしまったから…」

8月もいよいよ「夏も終わり…」への最終コーナーにいます。 昨日は久しぶりに雨が降りました。 「降ればなんとやら」で雷雨でしたけれど。休み明けの高校の授業の準備をしているフリーランスの講師である私ですが、少し前に買ったまま読んでいなかったある本…

The show must go on!

通常であれば、もう夏休み。 公教育現場に再び関わるようにはなりましたが、「学期」「授業」「評価」のあり方も、それぞれそれなり。それに加えて、COVID-19対策での変則的なスケジュール。四捨五入して60歳になろうかという私も、毎度毎度、新鮮な体験をさ…

「はじめにことばありき」

気がつけば、前回更新から早2ヶ月が経とうとしています。 今年度は、また「公教育」現場に復帰し、高校生も教えています。COVID-19の感染拡大とその対策の影響で、オンラインですぐに授業ができたところもあれば、課題指示だけとか、ようやく対面授業でとか…

dictionaries to grow wise with

過去3回に亘って、『コウビルド』ネタを提供してきました。 tmrowing.hatenablog.com tmrowing.hatenablog.com tmrowing.hatenablog.com noteの無料公開記事でも「アプリ辞書の活用法」を書いています。 note.com 物書堂さんのセールも残すところ1週間を切り…

辞書活用法:『COBUILDの芸風に慣れよう!』その3

現時点で最新版であるCOBUILDの第9版では、特に「動詞の用法」、「文型」と呼ばれることの多い「動詞型」に関して、どのような記号を用いて、どのように意味と形・構造を整理して扱っているのか、というCOBUILDならではの「芸風」を知っておく、慣れておくこ…

辞書活用法:『COBUILDの芸風に慣れよう!』その2

前回の第1回の記事は、 現時点で最新版であるCOBUILDの第9版では、特に「動詞の用法」、「文型」と呼ばれることの多い「動詞型」に関して、どのような記号を用いて、どのように意味と形・構造を整理して扱っているのか、というCOBUILDならではの「芸風」を…

辞書活用法 : 「COBUILDの芸風に慣れよう!」その1

1987年の初版の衝撃から、33年で既に改訂8回。 学習用〜中級用英英辞典として確固たるポジションを占めているCOBUILD の辞書に関して、その特徴と使い方の留意点、そして是非活かしたい使い方を示して行きたいと思います。COBUILD 第9版とその『手引き』以…

「むやみに家を出ないで」

3月以降、「コロナ禍」での日常を生きているわけですが、その間に、一つ、WEB媒体での仕事が公開されました。こちらからどうぞ。 OLEXブログ 英語のオシゴトと私 第13回―松井孝志 「甲子園」と「タンバリン」 http://olex.obunsha.co.jp/blog/2020/04/03/179…

What’s in a name?

私は大学を卒業してすぐに公教育の現場に出て、それ以来30年以上、高等学校を中心に英語を教えてきました。その中でも、「ライティング」指導、評価が自分自身の専門分野だと自負しています。ライティング指導を続けてきて強く感じるのは、書けるためには読め…

the company you keep

久々に入試問題を取り上げたら、少しは反応、反響がありました。アクセス数が異様な動きでしたから。 前々回で取り上げた東大の和文英訳は、鶴見俊輔の相当初期の文章を使ってはいますが、下線部の前後をちゃんと読めば、やはりそこには「鶴見み」とでも言え…

direct feedback

2020年入試では、大阪大学の出題が話題になっています。下線部和訳の形式ですが、大手予備校の解答でも、解釈・扱い・和文の処理で解答が別れているようです。当該の問題文は、こちら。この切り取られた一節のうち、下線部のみを訳出することが求められてい…

大学入試「和文英訳」雑感

直前の受験生対象「英文ライティング」セミナーでは、京都大、大阪大、奈良女子大に代表される「和文英訳」は扱わなかったのですが、今春の前期試験で出題された「和文英訳」を見て、いろいろと思うところがあったので、二題だけ取り上げておきます。 東京大…

“Life can be hard enough”

受験生対象の直前「ライティング」セミナー、大阪での指導者対象「文字指導/handwriting指導法」セミナーも終了しました。時節柄、様々な懸念を感じながらの参加だったかと思います。本当にお疲れ様でした。 昨日25日、そして本日26日が国公立大学の前期試…

受験生対象「英文ライティング」セミナーのお知らせ

喫緊の大学入試の受験生を対象とした英文ライティング&いわゆる「自由英作文」のセミナーを緊急開催します。これまでに、過去問を解いて添削してもらい、その英文を暗記して乗り切ってきた受験生には「英文ライティング」の原理原則を学んでもらい、既に塾…

『ストーリーの先へ』

前回の更新から少し時間が空きました。 怒濤の2019年を生き延び、2020年を迎えています。 そして、また一つ歳をとりました。 現在出講している塾は、社長から「この3月をもって契約の更新をしない」旨を昨年12月14日に口頭で伝えられましたので、年末の「文…

赤いマフラー巻いて

2019年12月20日(金)に行われた「文科省前抗議」に参加して、スピーチをしてきました。 させていただいた、という方が適切でしょう。主催の田中真美さんには、10分と言われていたのに終わってみれば15分話していましたから。今回はご厚意に甘えさせていただ…

長い間待っていた彼女の扉の外

激動の2019年も残すところ2週間ちょっと。まだ我が家の屋根はブルーシートが掛かったままです。働き方改革とは全く無関係に、塾の方は9月からは時間講師の契約に変更し、それとは別に、指導者向けのセミナーなどを単発で開いてきました。「ライティング指…

a new leaf or two or three

前回のエントリーに加藤京子先生からコメントをいただき、涙腺が崩壊しそうでした。 自宅の被害は、大雨の湿気でベコベコになった床材を剥がして張り替えたり、雨どいが3面だけ修理できたり、屋根はまだブルーシートが掛かったままだったりと、いろいろあり…

The rest is history. と言えるように、今、何を?

11月1日、文部科学大臣から、2020年度での所謂「民間英語試験」の共通テスト枠導入が見送られることが発表されました。 この前後、国会での野党合同ヒアリングへの出席、東大シンポジウム、延期法案提出後の報告会、そして延期発表後の文部科学委員会参考人…

利用規約

tmrowing 英語研究会 主催のセミナー、ワークショップの利用規約です。 必ずご確認の上、受講の申し込みをお願いします。受講申し込み ・ワークショップ、セミナーとも全て、チケットを購入していただくことで、受講の申し込みが完了します。事務局にメール…

個人情報保護方針

皆様からお預かりした個人情報は、tmrowing英語研究会主催のワークショップ・セミナーの運営に関する情報管理のみにて使用させていただきますことをお約束致します。

FREEDOM

もう一週間以上経ちましたが 新共通テストの2020年度からの実施をとめよう! 10・13緊急シンポジウム のお手伝いで受付をしてきました。 動画はYouTubeにアップされています。 第1部 https://youtu.be/wuCzoK0FxUE 第2部 https://youtu.be/XvyRR3OEVCw 当…

Be true to and proud of yourself.

気がつけば10月も1週間が過ぎました。 自宅のMBPの和文フォントを、「メイリオ」から、モリサワの「BIZ UD」に換えて少し慣れてきたところです。来週に迫ったこのイベントの告知から。 新共通テストの2020年度からの実施をとめよう! 10・13緊急シンポジウ…

silver lining or silver maple?

9月になりました。 まずは告知です。 この9月より、Sアカデミーの専任から時間講師と契約が変更になりましたので、Sアカデミーとの競合のない内容・範囲でのワークショップやセミナーなどの講師のご依頼、教材・書籍の執筆のご依頼をお受けいたします。直…

英語教育関係者は、8月7日の午後を空けておいて下さい!

8月のセミナーの告知です。 皆さん、お誘い合わせの上お申し込み下さい。Sアカデミーのブログでも紹介されています。 (http://www.s-academy.net/blog/2019/06/19/353)「高大接続改革」を取り巻く激動の中、「英語」ということばを学び身に付ける、また教…

commencement

今日は現任校の卒業式。 担任として卒業生を送りだすのはこの学校で3回目。 今回は進学クラスの担任として入学から持ち上がりで卒業まで。現時点でまだ国公立の前期試験の結果がわからないので、最終進路のまだ決定していない者もおりますが、節目は節目です…

Spellbound

手島良先生より、新刊の『これからの英語の文字指導 書きやすく 読みやすく』(研究社、2019年)を送っていただきました。 ありがとうございます。 books.kenkyusha.co.jp私は今でこそ、ライティング指導を専門とすると自称し、「ライティング指導の第一歩は…

「みんな牙を隠し 大人のふりをする」

行ってきました,東大へ。言ってきました、東大で。 2019/02/10 東京大学高大接続研究開発センター主催シンポジウム 「大学入学者選抜における英語試験のあり方をめぐって(2) https://www.ct.u-tokyo.ac.jp/news/20190110-symposium2019/ 登壇者のうち私だけ…

"Make a little space to make a better place"

2019年になって最初の更新です。 最後にならないことを願います。 前回のエントリーで、コメント欄を開放し、温かいお言葉、励ましやねぎらいの言葉をいくつかいただきました。ありがとうございます。 ここに転載させていただき、重ねてお礼を申し上げま…

弁別と分別と

先月の30日以降、一度も更新できないまま、年の瀬、大晦日を迎えました。まずは業務連絡から。 2014-2016年程度の更新はしたかったのですが、年内に「はてな」の方から、「ダイアリー」を終了するというアナウンスがあり、このブログの在り方も考えあぐねて…